カートリッジヒーター
製品情報

製品の取り付けやアフターケアを、 現地に伺い、真摯で真剣に取り組むことが私たちの強み!

「カートリッジヒーター」は、⾦属パイプの中にMgO ボビンに巻かれた発熱線を⼊れ、
⾼純度のMgO を充填し、⾦属パイプの⽚側からリード線を出したヒーターです。

カートリッジヒーターの特徴

  • 使用方法により小さなヒーターに大きな電気容量を入れることが可能。

カートリッジヒーターの用途

鋳型、金型、液体加熱器、半導体製造装置、食品産業用機械など。

カートリッジヒーターの標準仕様

シース材質 シース長(L) シース仕上外径(φD)
製作可能サイズ
ステンレス
(SUS304、316L)
15mm~2,000mm φ5mm~φ25mm
インコロイ800

形状例

【金型加熱の場合】

ヒーターと挿入孔とのクリアランスが大きいと熱の伝わりが悪くなり、 オーバーヒートを起こすことがあります。 取付のクリアランスを少なくすることがヒーターの寿命を延ばす1つの要素といえます。