細径シーズヒーター
製品情報

製品の取り付けやアフターケアを、 現地に伺い、真摯で真剣に取り組むことが私たちの強み!

ヒーター外径φ1.8mm のシーズヒーターです。マイクロヒーターとは異なり、
外径はそのままに、様々な抵抗値の製品が作れます。

細径シーズヒーターの特徴

  • マイクロヒーターとほぼ同じ径の細さです。
  • シーズ外径φ1.8mmにより、自由で複雑な曲げ、巻き加工が容易です。
  • シーズヒーター構造により、商用電圧のままで容量設定の範囲が広がります。
  • 任意の長さに非発熱部を設定できます。

細経シーズヒーターの用途

  • ノズル加熱用ヒーター
  • るつぼ加熱用ヒーター
  • 気体加熱器
  • 小型ホットプレート

細経シーズヒーターの標準仕様

シース材質 外径寸法(φD) 全長 抵抗値 耐電圧
SUS316L
NCF600
φ1.8mm 最大 2500mm 100Ω/m~200Ω/m 600V

細径シーズヒーターの製作範囲(例)

発熱長
(mm)
電圧
(V)
容量範囲
(W)
電力密度
(W/cm2
200 24 15 ~ 25 1.3 ~ 2.2
500 48 25 ~ 45 0.9 ~ 1.6
800 100 65 ~ 125 1.4 ~ 2.8
1000 100 50 ~ 100 0.9 ~ 1.8
1300 200 160 ~ 300 2.2 ~ 4.1
1500 200 135 ~ 265 1.6 ~ 3.1
1800 200 115 ~ 220 1.1 ~ 2.2

注記

  • 上表は、製作範囲の一例です。表の範囲外の仕様でも製作可能です。
  • 容量範囲内で任意の値を指定できます。
  • 容量公差は±10%となります。
  • 発熱長公差は±10%となります。

マイクロヒーターとの比較

この細さでは、マイクロヒーターと呼ばれる直線状の発熱線が入っているヒーターが主流です。
細径シーズヒーターは、コイル状の発熱線が入っており任意の抵抗(容量)を設定する事が可能です。

ヒーター区分 抵抗値 発熱範囲 特徴
細径シーズヒーター

内部X線写真
コイリングした発熱線を使用しているため、任意の抵抗値が設定できます。ヒーターの外径、長さが同一でも異なる容量のヒーターが製作できます。 シースの中に発熱部と非発熱部があるので、不要な部分が加熱されることが無いです。 色々な抵抗値の製品が作れますので、商用電源(100V、200V等)のままで任意の長さのヒーターが製作可能です。
マイクロヒーター

内部X線写真
発熱線径がヒーターの外径毎に固定されていますので、ヒーター長さと外径で抵抗値が決まってしまいます。 ヒーター全長が発熱部となります。不要な部分が高温になる場合があります。 長い(数十メートル)ヒーターが製作可能です。プラントの配管やバルブ等に長いヒーターを施工する場合に向いています。

細径シーズヒーターの応用例

真空用小型円形ホットプレート

外径φ24mm、厚さ12mmと限られたスペースに細径ヒーターを渦巻き状に加工して配置した小型ホットプレートです。

電圧(V) ヒーター容量(W) 温度(℃) プレート寸法(mm)
24 20 400
プレート温度
Φ24 t=12