製品情報【熱意識(ねついしき) 新熱製品の数々に込められた「お客様へのお役立ちを果たしたい」の総意。】

技術資料−シーズヒーターとは−

2.シーズヒーターって何か特徴的なところがあるのですか?

1.発熱線と外側パイプとの間に、電気絶縁材が封入されているので、通電中に万一ヒーターに触れても感電しません。安全に使えます。

Sheathの無い、発熱線が剥き出しのヒーターは、発熱線に触れると当然感電します。
そのような理由から、使用する場所を限定することなく、色々な場所に設置して安全に使うことが出来ます。

2.任意の形状に曲げることが出来ます。

色々なところで最適な形に曲げて使用されています。
新熱工業のヒーター曲げ製品例を図-2に示します。
実は、もっと複雑な曲げも可能ですが、製品ノウハウに抵触するため一般的な製品だけ紹介します。
新熱工業は、ヒーターを曲げることを得意としています。

(図-2)新熱工業曲げ製品の一例

3.色々な外径のヒーターを製作することができます。

新熱工業の特色の一つとして、小さい外径のヒーターの製作が可能なことがあります。
細かいことは、この後の項で紹介させていただきます。

4.電源と接続する線(新熱工業では「タンシ」と呼んでいます。)を片側からのみ引き出すこともできます。これをカートリッジヒーターと呼びます。カートリッジヒーターもシーズヒーターの仲間です。

シーズヒーターの場合、一般的に両側からタンシを引き出す構造のヒーターの呼び方としています。
なんか、紛らわしいですね・・ 
要するに、Sheathを被ったヒーターなので、カートリッジヒータもシーズヒータになるのですが、どちらも「シーズヒーター」と呼んでしまうと間違いのもとなので、片側タンシをカートリッジヒーター、両側タンシをシーズヒーターと区別して呼んでいるということです。

下図(図-3シーズヒーター、図-5カートリッジヒーター)にその構造を示します。
図-4にシースヒーターの電源接続例を示します。両側へ電源接続用のリード線が付きます。

(図-3)シーズヒーターのタンシ引き出し、(図-4)シーズヒーターの電源接続例、(図-5)カートリッジヒーターのタンシ引き出し

一般的には、「シーズヒーター」(両側タンシ)を使用することが多いのですが、金型の穴に差し込んで使用するなど、電源を片側で接続する必要がある場合は、「カートリッジヒーター」を選定します。
下図(図-6)に新熱工業のカートリッジヒーターの製品例を示します。

(図-6)新熱工業のカートリッジヒーターの製品例

5.新熱工業で作っているシーズヒーターの外径寸法

新熱工業では、スーパーフラットヒータという製品名で、丸くない、平べったい断面形状のヒーターも作っています。

まずは、丸い断面のヒーターから紹介します。

a.シーズヒーター(両側タンシ)

a.シーズヒーター(両側タンシ)

b.カートリッジヒータ(片側タンシ)

b.カートリッジヒータ(片側タンシ)

No. 外径
(mm)
シーズヒーター カートリッジヒーター 備考
1 φ1.8 × 新熱工業で作っている最小径のヒーターです。
2 φ3.2 ×  
3 φ5.3 × 新熱工業で作っているクリーンホットというガス加熱器用のヒーターです。
4 φ6.5 新熱工業で作っているクリーンホットというガス加熱器用のヒーターです。
5 φ8.0  
6 φ9.0  
7 φ10.0  
8 φ12.0  
9 φ14.0  
10 φ15.0  
11 φ16.0  
12 φ18.0  
13 φ19.0 ×  
14 φ20.0 ×  
15 φ25.0 ×  

【記号説明】○:標準品 △:非標準品 ×:製作していません

表-1から、新熱工業では、比較的細い外径にヒーターをラインアップしていることがご理解頂けると思います。

ここで、新熱工業の特徴を表している表-1のNo.1、φ1.8mmのシーズヒーターについて少々PRをしてみたいと思います。

下記のような製品例があります。

a.コンパクトさを利用した局部的な加熱用途
下図(図-7)に色々な曲げパターン例を示します。

(図-7)

b.非常に小さいプレートヒーター
概要仕様:24V-20W、プレート寸法;φ24mm×t12mm、真空雰囲気用途

(図-8)(図-9)

c.小流量のガス加熱器
概要仕様:200V
200W、ガス流量:10~20リットル/min、出口温度:約200℃

(図-10)

通常、この細さになるとヒーター業界では、マイクロヒーターと呼ばれる、Sheathの中の発熱線が1本の直状のヒーターが主流です。
一方、新熱工業のφ1.8mmシーズヒーターは、この細さで、内部の発熱線が、普通のシーズヒーター同様に、きちんとコイル状に巻かれた発熱線が、入っています。

(図-11)マイクロヒーターの断面図、(図-12)シーズヒーターの断面図

マイクロヒーターもシーズ(Sheath)ヒーターの仲間です。
新熱工業のφ1.8mmシーズヒータに外径的に対応するマイクロヒーターの一般的な外径には、φ1.0、φ1.6、φ2.3(マイクロヒーターのメーカーにより若干の違いはあります。)等が相当します。
マイクロヒーター、シーズヒーターそれぞれの特徴と設置場所等を考慮して、適したヒーターを選定する必要があります。

マイクロヒーターとシーズヒーターの違いを下表(表-2)に示します。

ヒーター区分 抵抗の調整方法 特徴
φ1.8mmシーズヒーター 内部発熱線の線径、巻き径及びコイルピッチ等を調整することで設計上の抵抗値を作ることが可能です。ヒーターの外径、長さが同一でも異なる抵抗のヒーターが製作出来るということになります。 ヒーター外径がφ1.8mmのままで、色々な抵抗値の製品が作れますので、商用電源(100V、200V等)のままで任意の長さのヒーターが製作可能です。 但し、ある程度の制限はあります。
マイクロヒーター 発熱線径がヒーターの外径毎に固定されていますので、ヒーター自体の長さと選定するヒーターの外径で抵抗調整します。
よって、小さいところや狭いところに設置するからといって、必ずしも細い外径のマイクロヒーターの選定が成立するとは限りません。
1本もので、長い(数十メートル)ヒーターが製作可能ですので、プラントの配管や、バルブ、機器等に長いヒーターを施工する場合等に向いています。

 

6.次に、スーパーフラットヒーターのご紹介です。

こちらも新熱工業お勧めの独自な特殊ヒーターです。
幅24.1mm×厚さ6.9mmの平板状の断面のヒーターです。寸法は、1種類です。
主に、コンビニエンス向けのフライヤー用途で多く使われています。
その断面形状から、揚げ物のカスが付きにくく、メインテナンスが丸いヒーターより容易で、かつ、油の劣化が少ないというような利点があります。
丸いヒーターと同じく、Sheath付きで、シーズヒータータイプとカートリッジヒータータイプの2種類があります。

下図(図-13シーズヒータータイプ、図-14カートリッジヒータータイプ)にその写真を示します。

(図-13)シーズヒータータイプ (図-14)カートリッジヒータータイプ

写真をご覧になって判ると思いますが、このスーパーフラットヒーターにも新熱工業のヒーター曲げ技術が、大きく貢献しています。

1.シーズヒーターってなんですか?

ページトップへ

Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.