新熱が選ばれる理由【熱人(ねつびと) 提案力と製品力を支えるのは、熱い想いを持つスタッフによる、人の力。】

やりがいに満ち、前向きに追求できる、ものづくりの組織【生産部 製造課】

入社経緯と、担当している業務内容を教えてください。

ものづくりに携わる様々な会社の中で、溶接をやりたかった想いがあり、その工程のある新熱工業を希望しました。勝田工業高校を卒業後に入社。現在、10年目になります。担当する溶接工程では、社内全体で言えることですが、目に見えない部分での注意点が多いので、様々な検査工程でチェックしています。

私も勝田工業高校を卒業しました。ものをつくることと体を動かすことが好きなので、在学中の就職活動を通し、いろいろ調べて新熱工業に入りたい気持ちが芽生え、応募しました。担当しているのは、生産部での最後の工程である仕上げの作業です。部品の欠品や、ネジ締めの弛みなどをしっかり確認。その後の検査工程でも見てはもらえますが、できる限り製造段階の仕上げ食い止めたい。いろいろな点で確認に漏れがないよう意識して作業に取り組んでいます。

仕事上のやりがいについて教えてください。

同業他社と比較した際の新熱工業らしさだと自負していますが、多品種少量の製品づくりをしているため、毎日、同じ作業を繰り返すルーティンワークではないこと。また、自分たちの提案するアイデアがキャリアに関係なく「いいものは活用しよう」の社風に沿って反映される点も大きなやりがいだと感じています。お客様からの声をダイレクトにいただくことは、ほとんどありませんから、社内での自分の仕事が評価された時に「自分の仕事が役に立っているんだ」と実感できるのが嬉しいです。

連携に繋がる、
社内の雰囲気について教えてください。

注意や助言が忌憚(きたん)なく言い合える環境なのが良い点だと思います。私も後輩へそういう言葉をかけますが、逆に後輩から指摘をもらって作業することもある。みんなが指示通りに動くというより、それぞれに考えて行動する姿勢ですね。仕事中だけでなく、休憩中も仲が良いですし、職場を離れてもスポーツや飲み会で社員同士の交流も頻繁に行なわれています。

仕事上のやりがいについて教えてください。

作業自体は似ているものが多いけれど、同じ作業は何一つありません。作業前に図面をしっかり確認し、取り組むことを意識しています。細かい作業も多い中、図面を目て、思い描いた通りに組み立てられた時には、やはり仕事のやりがいを感じますね。特に嬉しいのは、先輩方から「女性ならではのきめ細やかさ」を褒めてもらった時。女性が少ない製造の仕事をしている分、力仕事などで大変なこともありますが、それ以上の大きな励みになります。

連携に繋がる、
社内の雰囲気について教えてください。

パートさんが多いので、正社員として皆さんを指導しています。まず自分がやってみて注意点を探し、しっかり説明しています。何かしらの作業をお願いしても任せっきりではなく、常に共有意識を持つことが大事ですね。生産部内でもコミュニケーションもしっかりとれていますし、他部署との連携も朝と昼の全体ミーティングで、その日の作業については細かく話し合います。雰囲気がとても良い会社だと実感してますね。

Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.